ペルソナ』格闘ゲーム最新ナイキ エアマックス作『P4U2』全

2013年11月28日に稼働予定のアーケード用2D対戦格闘ゲーム『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド(以下、『P4U2』)』. 電撃オンラインでは、稼働に先駆けて全キャラレビューを掲載中だ. この記事では、罠や銃を駆使して相手を惑わせる”特別捜査隊”の1人・白鐘直斗を紹介する. 本作は、ゲームブランド・アトラスの人気RPG『ペルソナ4』を題材にした、2D対戦格闘ゲーム『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』の続編にあたるタイトル. 『ギルティギア』シリーズや『ブレイブルー』シリーズなどを手掛けるアークシステムワークスとの共同開発となり、新キャラ、新システムなどが導入される. この特集記事で、キャラクターの特徴をぜひチェックしておいてほしい. 【白鐘直斗(声優: 朴ろ美)】(※ろは王へんに路) ・ペルソナ: スクナヒコナ ・タイプ: シューティングタイプ ・ペルソナゲージ: 4 【コマンドリスト】 ※コマンドリストの”P”の項目に●があるものは、ペルソナが動かせる状態でのみ使用可能. 一部のスキル&SPスキルは、ボタン同時押しでスキルブーストが使用できる. 罠と射撃を駆使して相手の”運命”を翻弄(ほんろう)しよう! 『ペルソナ4』では、八十稲羽を訪れて悠たち”特別捜査隊”の一員として事件を追った、通称”探偵王子”の直斗. 格闘ゲームの『P4U2』では、遠距離戦が得意なキャラクターとして参戦です! 身軽な体さばきと武器の拳銃、そしてペルソナのスクナヒコナのスキルでバッドステータスを与える、テクニカルな戦法を得意とします. 直斗を代表するスキルは”感圧起爆型メギド”. このスキルはC版とD版でそれぞれ効果が変わり、C版は目前の空間に、D版は自分の足元に、それぞれ相手の接近に反応して起爆する罠を仕掛けることができます. 仕掛けた罠は画面上で視認することができず、相手がある程度の距離まで近付くことで見えるようになります. 戦いながら画面内を移動しつつ、相手が移動したくなるような場所へこっそりと設置してやりましょう! 罠に引っかかった相手は別の攻撃技で拾うことができるので、そこからの連続技も強力です. 直斗と戦う相手の体力ゲージの下には、ドクロマークに数字の付いた”運命カウント”が出現します. この数字は、”感圧起爆型メギド”やスクナヒコナを使った特定の攻撃がヒットすると、各技に対応した数が減少していきます. この数字がゼロになった相手にSPスキルの”ムドオン”または”ハマオン”をヒットさせると『ペルソナ4』と同じような即死効果が発動して、一撃で相手の体力をゼロにすることができるんです. 運命カウントは次のラウンドへと持ち越されるため、連続技をうまく使えば最初のラウンドで普通に相手を倒した後、次は運命カウントが少なくなった相手を一気にKOする、という勝ち方も狙えますよ. 新スキル”ベノンザッパー”が便利! 注目したいのは、新スキルの”ベノンザッパー”. これは発動するとスクナヒコナが前→斜め上へと攻撃しながら突進していく技で、相手を遠くまで吹っ飛ばしつつ、バッドステータス”毒”を与えることができます. “毒”状態になった相手は体力がどんどん減少してしまうので、直斗を倒すためには攻め込まなければならなくなります. それを迎撃することで、罠の数々との相乗効果を期待できそうです! 罠をかいくぐった相手に攻め込まれたとしても、上方向に強く対空技として機能するしゃがみBや、長い無敵時間を伴って高速移動するスキルブースト版”狙撃構え”、相手を蹴り飛ばして大ダメージを与える覚醒SPスキル”クリティカルシュート”があるので回避手段も心配ありません. 自分が直接攻め込むよりも、相手を動かして罠に引っ掛けるという、特殊な遠距離型キャラクターの直斗. “運命カウント”の即死攻撃など、他のキャラクターにはないおもしろさが備わっているので、一風変わった格闘ゲームを楽しんでみたい方は直斗を選んでみてはいかがでしょうか? 罠を駆使して戦う直斗. 下方向に長い攻撃判定が出るジャンプCなどで、自分から攻め込むこともできます. 覚醒SPスキル”クリティカルシュート”も、奥の手として有効です. ▼全キャラレビュー: ページリンク▼ 鳴上悠 花村陽介 里中千枝 天城雪子 巽完二 クマ 白鐘直斗 桐条美鶴 真田明彦 アイギス 皆月翔 岳羽ゆかり 伊織順平 ラビリス エリザベス シャドウラビリス.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>