中部電力、今夏は一律節電求めず 供給余力

中部電力は27日、今夏が2010年並みの猛暑となった場合でも、予想される最大使用電力より7%多い供給余力を確保できる見通しになったと発表した. 昨夏に自動車業界が行った休日を土・日曜から木・金曜に移す「休日振り替え」は、不要になる. 企業や家庭に数値目標を定めた一律の節電は求めない方針だ. 今回、発表した見通しはあくまで参考値. この日、国に提出した正式な電力供給計画では、他電力会社への融通量の見通しが立たないため、「未定」とした. 今夏のピーク時供給力は2810万キロワットを確保できる見込み. スパイクシューズ 昨夏に比べて58万キロワット積み増した. 停止中の浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)に代わって、上越火力発電所(新潟県上越市)の一部が稼働するためだ. デビット・リンチ監督Lady Diorの この結果、猛暑になっても安定供給の目安である8%に近い供給余力を確保できる. 企業や家庭が節電に努めた11年夏並みの電力需要であれば、余力は12%となる見込み. ただ、火力発電所の故障など万が一に備えて、業務や生活に支障のない範囲でのゆるやかな節電の呼びかけは続ける.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>