天皇専用防具「インペリエアジョーダン1アルアーマー」

最近ですと こちら など、特に右翼でもないけれど皇室を敬愛するロケットワークスですが、その系譜の深遠さを垣間見られるニュースがこちら. 「天皇のよろい」発見 長岡宮跡 推古~桓武時代 200年継承 京都府向日市の長岡宮(784~794年)跡で、「東宮」の中枢部にある内裏(だいり)(天皇の住居)の遺構から、天皇が所有したとみられる鉄よろいの部品が見つかり、向日市埋蔵文化財センターが18日、発表した. 「小札(こざね)」と呼ばれる鉄よろいの短冊状の板の一部で約30点. 製造時期は、推古天皇の時代(6世紀末)から桓武天皇の時代(8世紀末)までの約200年間にわたっていた. (中略) 古代政治史に詳しい吉川真司・京都大学大学院文学研究科教授(日本古代史)の話「飛鳥時代から約200年間の王権で武具が受け継がれていたことが推測さ れる. 天皇が刀剣類を受け継いでいたとは推定されていたが、よろいもという話はこれまで考えられていなかったので画期的な発見だ. よろいは弓や刀などに比 べ非常に高価なもので特別視され、近衛兵が儀礼の際に着用した可能性がある. 儀礼用の武具は様々な保管場所へ移動させられていたと考えられており、遺跡か ら発見されたことは非常に貴重だ」 おおう・・・ 20世紀にゲームにドハマリした世代としては、こういうニュースに触れるにつけ、 軍師: 目的は地上戦艦の破壊では ありません. ボクオーンを倒すことです. そのためには、 第一にボクオーンのまわりの 戦力を減らすことです. 第二にボクオーンに 帝国最強の兵、つまり 陛下ご自身をぶつけることです. (ロマンシング サ・ガ2 より) などと妄想が膨らんでしまうのですが、ゲームだったら絶対最高レベルの防具ですぞコレ. なおロマサガ2の職業には「インペリアルガード」という、いわば近衛兵があるのですが、果たして、 現実の皇宮警察 も、英語で”Imperial Guard”だったときは感動しました. ——— 相変わらずスクエニネタなのにDQでもFFでもないのが恐縮ですが、 陛下が今月初頭に体調を崩されたとのニュースがありましたが、ノロウイルスの仕業だったそうで. ご快癒をお慶び申し上げます. が、そうなると安心してしまい、かように興味深いニュースに触れてしまう一方、ちょっと思い浮かんだ危ないネタも紹介しちゃう週末でございます. たとえば2008年の北京オリンピック後、2ちゃんねるで出たネタ. 162:名無しさん@恐縮です 2008/11/01(土) 20:47:24 ID:tpLQId2/0[sage] 陛下「また次のオリンピックを目指されるのですか?」 石井「次のオリンピックは目指しません」 陛下「MMAにいかれるのですか?」 石井「はい」 陛下「打撃の対処はどうしていますか? 」 石井「キックのジムに通っています」 陛下「そうですか・・柔道家は打撃の際、顎が上がって上半身だけの手打ちのパンチになる方が多いので注意してくださいね」 石井「はい」 陛下「寝技に関しては柔道には足関節がないのでそこら辺の対処は気をつけてくださいね」 石井「はい」 陛下「足下がお留守ですよ」 石井「なっ! ! 」 ( NEWs保存道場 さんより) かの先帝も、 本気で激怒なさったのは生涯で2度だけ だそうですが、今上帝も中々にお怒りあそばしたらおっかないでしょうね. 今の天皇が皇太子時代、疎開先の那須で学習院の学友たちと 一緒に軍の幹部から戦況について講義を受けたそうだ. nike エアマックス 神風特攻隊の活躍で戦況は挽回するという説明を聞いた殿下が 手を挙げて質問、 「それでは人的戦力を消耗する一方ではないか? 」 しごくまっとうな指摘を受けて幹部は窮したそうだ. なんてエピソードのある方ですから、「静かに本気でブチ切れる」のでは. ——— そういえば昔むかし、地学で 「天皇海山列(かいざんれつ)」 というものを習いましたが、 すごくかいつまんで言うと「海底火山が日本近海で並んで列になっとるね」ということなんですが、 じつはハワイ島なんかも近い仲間だったり 「皇室には一子相伝の『天皇皆斬烈』って必殺技があってだな・・・」 などとアホなことを言って勉強サボってたら、危うく単位落とすところだったのはヒミツです. 週末なので軽くユルくお送りいたしました・・・何か知らんけどごめんなさい.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>