宝塚、愛も夢も1世紀 柚希さん「200年

河合真美江】愛と夢をつむぐ宝塚歌劇100周年の幕開きを告げる星組公演「眠らない男・ナポレオン―愛と栄光の涯(はて)に―」の通し舞台稽古が30日、宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)で行われた. 舞台情報スターファイル 主演のトップスター柚希礼音(ゆずきれおん)さんはナポレオンのシンボル「荒鷲(あらわし)」のように雄々しい演技をみせ、仕上がりは上々. 今月上旬の会見で「幕開けの舞台に立てる奇跡に感動している. 200年への挑戦の始まり」と語っていた. ナポレオンが皇帝に上りつめ、失脚する軌跡を、妻ジョセフィーヌとの愛を軸に描く. 脚本・演出を小池修一郎さんが手がけ、「ロミオとジュリエット」で知られる仏作曲家ジェラール・プレスギュルビックさんが音楽を担当した日仏合作ミュージカルだ. 遠征のアルプス越えや戴冠(たいかん)式といった歴史の名場面を甘美な曲が彩る. 2幕約2時間半.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>