皇太子さま、学習院女子大で講義: 朝日新

皇太子さまは23日、東京都新宿区の学習院女子大で「中世史料への誘(いざな)い~学習院大学史料館にある西園寺家文書を読む~」と題して講義をした. 皇太子さまの同大での講義は10回目. 今回は国際文化交流学部と大学院国際文化交流研究科の159人に平安時代に成立した貴族、西園寺家に伝わる中世の古文書を紹介. 平清盛や源頼朝の名が記された、上皇や天皇の牛馬の管理者の名簿に触れ、史料から何が読み取れるか解説した. 冒頭では、長女の愛子さまが通う学習院初等科で昨春、奈良時代の木簡を読み解く社会科の授業を参観したことがきっかけで、講義の題材に古文書を選んだと明かし、「歴史は史料をもとに書き上げられるものです. 最初は画面がなかった!? 新たなゲーム作 従って史料について知ることが歴史という学問において非常に重要なのです」と話した. 吉田えり、日本で初勝サッカースパイナイキ CTR360ク利 野球・関西独立リ 数人の学生が質問をしたという. 西園寺家文書は、皇太子さまが客員研究員を務める学習院大学史料館に約600点が寄託されており、皇太子さまは今回、鎌倉時代後期の当主の日記なども取り上げた.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>