米フォーク歌手ピート・シーガーさん死去

米国のフォーク歌手で、反戦などの社会運動でも知られたピート・シーガーさんが27日、ニューヨーク市の病院で死去した. 94歳だった. AP通信が伝えた家族の話によると、数日前から入院していたという. 1940年代から活動を始め、「天使のハンマー」「ターン・ターン・ターン」などを作曲. 代表曲「花はどこへ行った」は、ベトナム戦争に抗議するフォークソング. 賛美歌だった「ウィ・シャル・オーバーカム(勝利を我らに)」を、60年代の公民権運動を象徴する歌として広めた. ボブ・ディランやジョーン・バエズ、ピーター・ポール&マリー、ブルース・スプリングスティーンらに影響を与えた. Nike Air Jordan 人気 ドラクエ モンナイキエアジョーダンスターバトルロードII』公 政治的活動も活発で、共産党に在籍したことがきっかけで、50年代半ばから約10年間、米国のラジオやテレビから消えた. その後も公民権運動や反戦運動のほか、ハドソン川の浄化などの環境問題にも取り組んだ. (ニューヨーク=中井大助) ■音楽評論家・萩原健太さんの話 歌のメッセージを主役に押し出すシンプルなサウンドで、虐げられた民衆の声を代弁. 横暴に振る舞う権威に立ち向かい続けた. 自作曲以外にも、「ウィ・シャル・オーバーカム」を始め、米国の古い民謡や労働歌なども数多く掘り起こし、現代社会に向けて放ち続けた. 長い人生の中で米国の様々な社会問題に直面してきたが、それでも諦めることなく、弱者に寄り添い続けた.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>