維新、ダブル選後初の支部推薦首長選で勝利

8日投開票された大阪府茨木市長選で、大阪維新の会いばらき支部副支部長で同支部とみんなの党府第9区支部の推薦を受けた元市議長の木本保平氏(67)が、地方議員のネットワーク「虹と緑の500人リスト」元全国共同代表で前市議の桂睦子氏(43)、新社会党府本部委員長で社民党の推薦を受けた前市議の山下慶喜氏(59)、医師の吉野宏一氏(44)を破り、初当選した. 大阪維新の会が完勝した昨年11月の大阪市長・大阪府知事のダブル選後、初めて同会支部から推薦を受けた候補が立った首長選だった. ただ、支部推薦だったことから代表の橋下徹大阪市長や幹事長の松井一郎大阪府知事は街頭演説などの応援には入らなかった. 木本氏は祝勝会で「維新の風を感じながらの選挙戦だった. PC版『STEINS; GATE』にライ アディダススニーカー激安 薄桜鬼』シリーズのタイアップ曲を多数バーバリー レーベル収録 大阪市長、大阪府知事の改革の実績を茨木市民が評価してくれたと思う」と語った. 当日有権者数は21万5237人、投票率は36.45%(前回無投票、前々回35.41%).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>