萩野、200個人メドレエアジョーダン1ーも日本新 競泳W

競泳のワールドカップ(W杯)東京大会は10日、東京辰巳国際水泳場の短水路(25メートルプール)で最終日があり、萩野公介(東洋大)が、男子200メートル個人メドレーで大会新記録となる1分51秒50の日本新で優勝した. 1500メートル自由形も14分32秒88で制し、前日の100メートル個人メドレーと合わせ今大会3冠となった. 女子50メートルバタフライは加藤ゆか(東京SC)が前日の100メートルバタフライに続く日本新の25秒34で2位. 男子200メートル背泳ぎは金子雅紀(筑波大)が制した. ナイキ サッカー 新生活にぴったり!? 『IS』のレブロン ジェームスネクタイ 女子50メートル平泳ぎはユリア・エフィモワ(ロシア)が28秒71の世界新記録で優勝した. 混合200メートルリレーは豪州が1分29秒61の世界新で制した.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>