那覇軍港返還へ13年度中にアセス開始 沖

沖縄県の嘉手納より南の米軍基地返還計画をめぐり、防衛省は26日、那覇軍港(那覇市)の返還に向け、浦添ふ頭地区(浦添市)に建設する代替施設予定地の環境影響評価(アセスメント)を今年度中に始めることを明らかにした. 同日、防衛省で開かれた協議会で県や那覇市、浦添市に伝えた. 日米両政府は4月に嘉手納以南の米軍基地返還計画に合意. 那覇軍港については、浦添ふ頭地区に約49ヘクタールの代替施設を建設することが返還条件となっている. 返還時期は最も早くて2028年度とされている.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>