電撃乙女部】『Double Score

BlueMoonが展開する、女性向けPCゲーム&CDの連動企画『Double Score -ダブルスコア-(以下、ダブルスコア)』. 本作のシチュエーションCD第5弾と第6弾に出演する、置鮎龍太郎さんとKENNさんのコメントをお届けします. 『ダブルスコア』は、攻略キャラクターが全員年上という設定の、女性向け年の差カップルラブコメディ. “誕生花”をテーマに、最大29歳差の男性たちとの甘い恋物語が展開します. PC用アドベンチャーゲームと一部ダミーヘッドを使用したシチュエーションCDの連動企画で、ゲームでは出会いから恋人になるまでの物語が、CDでは付き合ったその後が描かれます. 電撃乙女部ではこれまでに、 立花慎之介さん&鳥海浩輔さん と 大川透さん&平川大輔さん のインタビュー記事を掲載してきました. 8月14日発売のCD第5弾『Double Score~Marguerite~: 橘隆蒼』には、ヒロインが通う学園のクールな数学教師・橘隆蒼(CV: 置鮎龍太郎)が登場. 8月31日発売のCD第6弾『Double Score~Tulip~: 土夢』には、バラエティもドラマも歌もこなす国民的アイドル・土夢(CV: KENN)が登場します. 今回、キャラクターのボイスを担当した置鮎さんとKENNさんに、収録の感想や演じたキャラクターについて伺いました. ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆ 『Double Score~Marguerite~: 橘隆蒼』あらすじ デートで、アイドルである弟のコンサートに行くために、ヒロインの家を訪ねた橘隆蒼(CV: 置鮎龍太郎). しかし橘を迎えたのは、彼女と同居するいとこの江守千聖(CV: 鈴木千尋)だった. 彼女を待つ間、江守から彼女との関係について聞かれた橘. 教育者と教え子という立場上、卒業までは清い関係を保たなければとなかなか一歩踏み出せずにいる橘に、江守はある提案をしてくる. コンサート終了後の帰り道、江守の言葉を思い出し橘が彼女に告げた言葉とは… ? 「自分が年上であり、大人であり、教育者という現実をすべて忘れ、すべてを奪いたくなるんだ」 ――収録を終えられての感想をお願いします. 置鮎さん : 最初に台本を読んで結構ガチガチな堅物さんなのかなという印象を受けたのですが、演じていたら思いのほか、コミカルな部分が出てもいいのかな? という感じになってきて、気付いたら収録中に爆笑を取っていました(笑). 置鮎龍太郎さん ――橘を演じてみていかがでしたか? 置鮎さん : 橘の設定に”クーデレ”と書いてあったのですが、その”パッと見はクールだけど親しくなるとデレてくる”という性格自体を知らなかったので、最初は悩みましたね. 彼は見た目がカッコイイ系なので、自分でもカッコイイ路線で演じるつもりでいたんです. でも、ヒロインと付き合った後ということもあったので、「こういう路線もありなのかな? 」と. 悩んだ分、彼がメインのドラマのほうでは、そういう部分がうまいこと出ているのではないかなと思います. ocfifovis ――印象に残ったシーンや、聞きどころのセリフを教えてください. 置鮎さん : 実際のセリフではないのですが、ヒロインとのやり取りの中で、橘がドギマギしている部分があるんです. そこは、マジメな橘のすごくかわいいと思える部分だと思いますし、そのギャップこそがこの橘というキャラクターの持ち味だと思うので、ぜひ聞いていただきたいですね. ――本作は誕生月の花を主軸した作品ですが、お好きな花や、花にまつわるエピソードがありましたらお聞かせください. 置鮎さん : なかなか花に触れる機会もないですし、花粉症もないのでエピソード的なものはないのですが、世間的にいつ花粉症になるのか時間の問題みたいな感じがあるので、毎年ドキドキしていますね. ナイキ Air Jordan スニーカー、Nike Air Jordan 人気 必ず毎年何人か業界の方も花粉症デビューしているので、ならないことを祈ります(笑). ――ファンの皆さんへのメッセージをお願いします. 置鮎さん : 今回出るシチュエーションCDに続いて、この先ゲームの発売予定もあります. ぜひ、どちらも楽しみお待ちいただけたらうれしいです. よろしくお願いします. →次のページでは、KENNさんのインタビューをお届け! (2ページ目へ).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>