ES細胞からつくった心筋細胞、効果確認

体のさまざまな組織になれるヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)からつくった心筋細胞に心筋梗塞(こうそく)の治療効果があることを、信州大の柴祐司助教や米ワシントン大などの研究チームがモルモットの実験で確認した. 新たな治療法の開発につながると期待される. 6日付の英科学誌ネイチャーで報告した. チームは、ES細胞からつくった心筋細胞を心筋梗塞のモルモットの心臓に注射. 28日後に調べると、心臓の筋肉が部分的に再生していた. 移植した細胞が心筋とともに拍動していることも確認. 不整脈が起きる確率が大幅に抑えられた. チームは「ES細胞を使った心臓の治療法の開発に役立つ成果. スフィアが曲を歌う! 『剣と魔法と学園モ 実用化するには、安全性や効率を長期間観察する必要がある」としている. (下司佳代子).

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>