JR九州、売上高・経常ナイキ エアフォース1利益とも最高 新幹

JR九州が27日発表した2012年3月期決算は、売上高が前期比12%増の3328億円、経常利益が同2.3倍の202億円だった. JR博多シティや九州新幹線の開業効果でともに過去最高. 純利益は同3.1倍の67億円だった. 好調を支えたのは、売り上げ全体の3割を占める不動産や流通外食事業. ナイキ サッカー JR博多シティの賃料収入41億円が入ったことなどで、不動産事業の営業利益は82.5%増の182億円. 流通外食事業も2.2倍の24億円になった. スタジオバーバリー レーベルジブリの新作 震える山に炸裂ジムパワー!! 『ガンダム 新幹線の好調で、運輸事業の売上高も19%伸びた. しかし、収入に応じてトンネルやレールの賃借料を鉄道・運輸機構に払わねばならないため、「新幹線はトントンか少し赤字」(唐池恒二社長). 特急の廃止で在来線の運輸収入は1割以上減っており、運輸事業全体では99億円の営業赤字だ.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>