Tag Archives: Zガンダム

新システム続々! 『機動戦士ガンダム 新

大きく進化したゲームシステム タイトルに”新”と付いている通り、新たに生まれ変わった『 ギレンの野望 』シリーズ最新作. 本作では、さまざまなゲームシステムの追加や変更が行われている. 今回は、パワーアップしたゲームシステムについて詳しく解説しよう. 歴史介入システム キャラクターのシナリオをクリアーすると、”歴史介入ポイント”が手に入る. このポイントを消費することで、時代や所属軍の垣根を越えて、パイロットや機体を”サポートチーム”として自軍に編入できる. 必要な歴史介入ポイントは、パイロットのみを編入する場合は少なく、パイロットと機体の両方を編入する場合は多くなる. なお、ポイントは1キャラクターにつき難易度(EASY~VERY HARDまで4段階)ごとに1回ずつ、さらに最良エンディングを迎えるともう1回の、計5回入手できる. 複数のシナリオに挑むといい. いろいろな難易度、キャラクターでクリアーして、ポイントを貯めよう. 所持ポイントが多いほど、協力なサポートチームが作れるぞ. なお、サポートチームを作ってもポイントは消費されるわけではなく累積されるので、つぎにプレイするときは、さらに強力なチームが作れるようになるぞ. ガイア編クリアーでガイア、オルテガ、マッシュの3人が使用可能になる. 難易度NORMAL なら、機体はドムが選べる. HARDクリアーで、高機動ゲルググと高機動ギャンが登場. ニムバスは、ブルーディスティニー2号機かイフリート改を機体に選べる. 『機動戦士ガンダムUC』のパイロットや機体も編入可能だ. 本作を購入すると、もれなくプロダクトコードが同梱されている. プロダクトコードを入力すれば、右に挙げた強力なパイロットや機体がサポートチームとして使用可能になる. カミーユやシロッコ、ハマーンといったエースパイロットを使いたければ、コードを入力するべし!! ○カミーユ・ビダン +Zガンダム、ガンダムMK-II、リック・ディアス ○ファ・ユイリィ +Zガンダム、リック・ディアス ○ジュドー・アーシタ +ZZガンダム、Zガンダム 、百式、ズゴック ○ルー・ルカ +Zガンダム、ZZガンダム ○フォウ・ムラサメ +サイコガンダム ○ロザミア・バダム +ギャプラン ○パプテマス・シロッコ +メッサーラ、ガブスレイ、ハンブラビ、ジ・O ○ハマーン・カーン +キュベレイ、アッガイ ○エルピー・プル +キュベレイMK-II(プル専用機) ○プルツー +キュベレイMK-II(プルツー専用機) 作戦コマンド 部隊に配属されているキャラクターのパラメーターに応じて、さまざまな作戦コマンドが使えるようになったぞ. 作戦コマンドは、通常攻撃の変わりに使うもの. たとえば、攻撃力が下がる代わりに命中率を上げたり、物資を多めに消耗するようになるが攻撃力がアップするなど、戦況に大きな影響を及ぼすものばかり. 状況に応じて使い分ければ、有利になること間違いなし! 【狙撃】 使用条件: 指揮力50以上、射撃50以上 射撃の攻撃回数が75%に減少し、格闘攻撃ができなくなるが、命中率が大幅にアップする. 遠距離からの射撃戦で役立つだろう. 【牽制】 使用条件: 指揮力50以上、防御50以上 攻撃回数は半減してしまうが、防御力と回避率が25%アップし、物資消費量も半減する. 拠点の防衛時に効果を発揮する作戦. 【突撃】 使用条件: 指揮力50以上、格闘50以上 射撃戦は回避に専念し、その後の格闘戦のみを行う. なお、パイロットの疲労度は倍増する. 格闘戦が強い機体で有効. 疲労度と物資消費量が1.5倍になる代わりに、射撃回数も1.5倍になる. 消耗が激しいので、確実に突破したい局面やここぞというときに使おう. スタック 従来は1ユニットが1.5機で編成されていたが、本作は全ユニットが1機編成になった. また、ユニットどうしでチームを組める”スタック”が最大6ユニットに変更されたほか、モビルアーマーもスタック可能に! スキルシステム 新たに加わった要素のひとつが、キャラクターが最大3つまでのスキルを所持できるようになったこと. スキルの種類は豊富で、自身の戦闘力を高めるもの、周囲の味方を強化するもの、回復量が増えるものなど、効果は多岐にわたる. なお、キャラクターが戦闘でレベルアップすることで、スキルが上位のものにパワーアップしたり、さらなるスキルを習得することもある. ※詳しくは週刊ファミ通2011年8月4日号(2011年7月21日発売)をチェック! 機動戦士ガンダム 新ギレンの野望 メーカー バンダイナムコゲームス 対応機種 PSP(プレイステーション・ポータブル) 発売日 2011年08月25日 価格 6,280円[税込] ジャンル シミュレーション / ロボット 備考 (C)創通・サンライズ.